オートモビルカウンシルが行われました

2018年8月3日(金)~5日(日)、幕張メッセにおいて

AUTOMOBILE COUNCIL(オートモビルカウンシル)2018が行われました。

2018年度のマツダブースは「MAZDA COMPACT HATCHBACK STORY」をテーマに

コンパクトハッチバックの歴史を紹介し、次世代ハッチバックコンセプト「魁」までを

ひとつのストーリーとして紹介しました。

20180804_091104

展示された車両は、一世を風靡した5代目「ファミリア」、「ランティス」、

「初代アクセラ」と、6代目ファミリア4WDのラリーカー、(フィンランドの

女性ラリードライバー、ミーナ・シランコーヴァ氏所有の車両を特別展示)、

マツダ 魁 CONCEPTの5台でした。

さらに「ファミリア」から「アクセラ」にかけてのデザインを手掛けてきた、

初代アクセラチーフデザイナーの鈴木英樹氏と、初代アクセラのデザイン

にもたずさわった「マツダ 魁 CONCEPT」チーフデザイナーの土田康剛氏

による、コンパクトハッチバック師弟デザイナーのスペシャルトークショーも

行われ、マツダのデザインのおける拘りと考え方を皆さんに聞いていただきました。

20180805_153415

オートモビルカウンシルは、2016年に初めて開催された、日本に自動車文化の創生を

図ることを目的としたイベントです。次回は2019年4月に開催が予定されています。